So-net無料ブログ作成

2012.10.27 尾瀬沼ハイク (後編) [尾瀬]

尾瀬沼一周の後編です。

【11:20】 大江湿原・三本カラマツが見えました。 長蔵小屋もすぐそこです。
大江川の木橋を渡って、ビジターC.へ向かいます。
  
→480×640             →640×480

↓スマホ撮り動画 0:49 音声あり(風の音だけですが)


既に冬季休業に入っている売店はこんな感じなんですね。 雪[雪]はどのくらい積もるのでしょうか。
入り口の左下が開いているのが気になりますが・・・。
  
                                                                   →360×480
ビジターC.前で遅い朝食休憩をとります。 (時間的にはもうお昼ですが)
無理なく歩いてきたので、お腹の空き具合はそれほどでもありません。
でも、ワンタンスープ(シーフード)は激ウマでした。 パンにもご飯にも良く合います。これはヒットです[るんるん]

燧ケ岳を見ながら食べていたら、上の方の雲が薄くなってきたような・・・
   
→300×400                                         →640×480

食べた後は、早速裏手のビューポイントに行ってみました。
が、また雲がかかってきて上の方は見えません。[ふらふら]


時々、日が射すのですが、タイミングがなかなか難しい。[ダッシュ(走り出すさま)]
 

ビジターC.まで戻ろうとしたら、長蔵小屋で食堂が営業中でした。
う~ん。早く言ってもらえば、ここで食べたのに~。 ちょっと心残り。 
*気がつかないほうが悪いじゃん、とツッコミが・・・ごもっともです。ハイ(^^ゞ

「あたか~いメニュー揃ってマス。」の文章に惹かれます。[グッド(上向き矢印)]
*マスの部分は文字じゃあなく・・・リンクへ飛んで下さい(^^.)
  
→480×360                                                                →300×400

【13:00すぎ】 沼山峠バス停に向けて出発
三本カラマツともお別れです。 そして大江湿原とも。 さようなら~[もうやだ~(悲しい顔)]
 
→640×480                                                   →360×480

【13:50】 沼山峠バス停に到着。
結構人が居ました。 でもシーズンに比べれば全然少ないですね。
まだ食べてなかったおやつがあったのを思い出しました。 急いで食べます。 でりしゃす・すうぃーつ[ぴかぴか(新しい)]
ちょっとシェイクされてますが、味には影響ないと思われます。(笑)
 

下は 沼尻 → 長蔵小屋 → 沼山峠(バス停) までのルートログです。
*またしても測定開始忘れました。 途中で途切れています。 すみません。

→1168×821 (元画像)

【14:10】 バス発車[バス]
御池に向かう途中の車窓から。 日差しがタップリとブナ平を照らしていました。


御池へは、まだ明るいうちに戻って来れました。 駐車場[駐車場]には、結構車が止まっていました。
泊まりで入られた方々もいるのでしょうね。 夜に星が見えると良いのですが。
自分は何年も泊まりは無いです(~_~;)
  
→480×360

【14:45】 御池より出発。帰路に着きます。

↓スマホ撮り動画 0:45 *音声あり


そして、さようなら~。 尾瀬。
さようなら~。

長々とお読みくださりありがとうございました。<m(__)m>


あしあと(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2012.10.27 尾瀬沼ハイク (前編) [尾瀬]

今年のうちにもう一度行きた~い。・・・ で、尾瀬沼一周に行ってきました。[るんるん]

【AM5:30すぎ】 尾瀬御池に到着

まだ暗くて気温も低く、歩いている人の姿もほとんどありません。
この後、仕度してバスに乗り込みます。 調べたら、バス[バス]で向かうのは6月以来でした。
 

バスで向かう途中の車窓から、朝日で輝くブナ平が見えました。
油断していて、撮る時にあせってしまいました。 モヤッと画像ですみません~。[あせあせ(飛び散る汗)]


沼山峠バス停から、7時ちょい前に出発。 1時間近く歩いてきました。 3本カラマツも近し。
それにしても、歩いている人の姿をほとんど見かけません。 いつものとは全然別の場所に来ているみたいです。

ビジターC.前で軽く休憩してから三平下へ向かいます。
ルート脇の枝や葉には、夜露の名残でしょうか、所々に水滴が付いているのが分りました。
空は雲が多いですが、それでも時折青空が見えたりします。
 
→800×600

 

↓スマホ撮り動画 0'52” 音声あり(風の音だけですが)


【8:40】 三平下に到着。
ホント誰もいません。 小屋や休憩所も閉まっています。 ものすご~く静かです。
たまに、風の音や鳥の鳴き声がするだけで、大自然に包まれている事をより実感します。 (ちょっと大袈裟かな)
でも、心地良いです。
  
→480×360                                                 →640×480

【9:00】 南岸経由で沼尻へ向かって歩き始めます。
このルートは毎度の事ながら、傷みが激しいです。 途中には何箇所か迂回路もありました。
きっと、この時期でこの状態なので、年内の修復とかは無いのでしょうね。
又、日陰が多く濡れていて滑り易いです。 場所によっては、沼側に傾斜していたりする所もあるので
慎重に通過します。
 
→480×360                                       →480×360

黄色や赤の大きな落ち葉が木道の上に積もっていました。
ここまで、あまり色の付いた物を見かけなかったので、ちょっとカラフルに感じます。
葉に付いた水滴に日が射してキラキラ輝いていました~。[ぴかぴか(新しい)]
 
→360×480

↓スマホ撮り動画 0'49” 音声あり(風の音だけですが)


【10:00】 のんびり歩いて約1時間ほどで小沼に出ました。
ここに出ると、陽射しがありました。 風も無くて穏やかです。
木道の上を歩く音だけが響いていて、より静けさを感じます。
  
→480×360                                                                →360×480

程無く沼尻の建物が見えてきました。休憩所やトイレも閉鎖されていて、人の姿もありません。
この休憩所のそばで小休止。 ボーッとしていると、静寂な雰囲気を実感して心地良いです。

人の気配が全くしない尾瀬は初めてですが、本来の尾瀬はこういうものなんでしょうね。
いろんな動物達[猫]が、時たま行き交う光景を思い浮かべました。
[雪]が降って白い世界になってからは、動物達のfootmarkもいっぱい付いて、雪が降ってその跡もすぐ消えて・・・
そんな想像をしているだけでも楽しいです。[るんるん]
 
→640×480                                      →640×480

 
→480×360                                                   →480×360

【10:50】 軽く沼尻平を散策してから長蔵小屋方面へ向かいます。

→640×480

以下は、沼山峠(バス停) → 尾瀬沼ヒュッテ → 尾瀬沼山荘(三平下) →沼尻 のルートログです。
*最初は計測開始し忘れで途中からです。 すみません。

→ 1167×821 (元画像)

後編へ続く。

 

 

あしあと(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2012.10.13 燧ケ岳 (後編) [尾瀬]

前編より

【PM12:15】 俎板嵓より下山開始

俎板嵓から下って、さらにナデックボを下り始めると、雲の下に出ました。
hidamariさんが手を振っていてくれるとの事ですが、肉眼では確認できませんでした。(笑)

丁度その時、雲間から降り注ぐ陽射しが尾瀬沼全体を照らしだして・・・ 手前は日陰なのに、そこだけ日差しが・・・。
沼尻湿原と休憩所がハッキリと確認できます。 運が良いのか悪いのか。
でも綺麗です。 今日のこれまでが幻想的な白い世界だったので、ここで一気に目が覚めたような感覚です。 
→800×600                                                   →480×640

【PM 1:26】ごろ 下りきって沼尻平に出ました。
 この寒さにもかかわらず、黄色い花ががんばって咲いていました。
 遠くに沼尻休憩所が見えてきました。 振り返れば、やっぱり燧ケ岳の上部は雲の中です。
  
                                           →480×640
【PM1:40】 沼尻休憩所着
 この、人がまばらにいる感じが良いですね。
 結構寒い思いをしたので、ここで何か温かい物でも、と思ったのですが、この時期はもう殆どのメニューが
 外されていました。 coffee,お汁粉と、まだありましたが、う~ん・・・。 やめときます。
 魔法瓶で持参したお茶とパンで今日のお昼は終了。

【PM1:50】 出発
 尾瀬沼周遊路に入ります。 (北岸コース)
 出発して気づいたのが人通りの少なさ。 たまにすれ違うくらいで、これくらい静かな尾瀬が好きです。
 木道も完全に乾いていて、その上を歩くのも気持ちイイです。
  
                                                                        →360×480
色づいた葉も "遠目"では綺麗~。
曇り、たま~に日が差します。 葉を撮っているときは曇っていて、木陰の中に入ると日が差します(笑)
  
                                →360×480

【PM 2:35】
江湿原に抜けました。、三本カラマツ。 側の橋の上から悠々と泳ぐ魚を眺めて。
 
→640×480                                      →480×360

長蔵小屋裏のビューポイントから燧ケ岳を。 しつこい雲がまとわりついたままでした。
撮影者の気持ちと同様、手前の色づいた葉も、どんより~~[バッド(下向き矢印)]
最後は三本カラマツも眺めて。
  
                                     →480×360

V.センターに寄って、その後はこの日今年最後の営業だという売店を。
人が居ませんでした。 ここは反面ちょっと寂しい・・・
 

【PM 3:10】ごろ
 一通り見終わって、一路沼山峠のバス停へ急ぎます。
 途中で見つけた黄葉。日が射すと綺麗です。 遠目ですし(笑)
  
                                                                        →480×640
【PM 3:50】 沼山峠バス停に到着
 休憩所はガラ~ンとしていました。 このあと、16:05発御池行きに乗りマス。 当然右側の席です♪
  
→640×480(現在地の部分拡大)                                         →360×480

【PM 4:30】ごろ 尾瀬御池着
 こんな時間に御池に戻ってきたのは久しぶりです。 ろくに着替えもせず、帰路に着きます。
 

このあと、桧枝岐の温泉に立寄って帰りましたが、日が落ちると途端に夜中に走っている感覚になります。
5時・6時になると、道路脇の灯りもほとんど無いところを走るので、もう真っ暗なのです。[がく~(落胆した顔)]

瞼が重くなって、こらえきれずに2~30分仮眠をとって、よしこれで大丈夫かと思って走って・・・。
でも数キロ走るとまた眠たくなってきて、の繰り返しです。 49号線に出るまで、何回仮眠をとった事か。[あせあせ(飛び散る汗)]

自宅に着いたのは、日付が変わってからでした。 あ~、登るより疲れました。

長々とお読みくださりありがとうございました。


あしあと(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。