So-net無料ブログ作成

2012.10.27 尾瀬沼ハイク (後編) [尾瀬]

尾瀬沼一周の後編です。

【11:20】 大江湿原・三本カラマツが見えました。 長蔵小屋もすぐそこです。
大江川の木橋を渡って、ビジターC.へ向かいます。
  
→480×640             →640×480

↓スマホ撮り動画 0:49 音声あり(風の音だけですが)


既に冬季休業に入っている売店はこんな感じなんですね。 雪[雪]はどのくらい積もるのでしょうか。
入り口の左下が開いているのが気になりますが・・・。
  
                                                                   →360×480
ビジターC.前で遅い朝食休憩をとります。 (時間的にはもうお昼ですが)
無理なく歩いてきたので、お腹の空き具合はそれほどでもありません。
でも、ワンタンスープ(シーフード)は激ウマでした。 パンにもご飯にも良く合います。これはヒットです[るんるん]

燧ケ岳を見ながら食べていたら、上の方の雲が薄くなってきたような・・・
   
→300×400                                         →640×480

食べた後は、早速裏手のビューポイントに行ってみました。
が、また雲がかかってきて上の方は見えません。[ふらふら]


時々、日が射すのですが、タイミングがなかなか難しい。[ダッシュ(走り出すさま)]
 

ビジターC.まで戻ろうとしたら、長蔵小屋で食堂が営業中でした。
う~ん。早く言ってもらえば、ここで食べたのに~。 ちょっと心残り。 
*気がつかないほうが悪いじゃん、とツッコミが・・・ごもっともです。ハイ(^^ゞ

「あたか~いメニュー揃ってマス。」の文章に惹かれます。[グッド(上向き矢印)]
*マスの部分は文字じゃあなく・・・リンクへ飛んで下さい(^^.)
  
→480×360                                                                →300×400

【13:00すぎ】 沼山峠バス停に向けて出発
三本カラマツともお別れです。 そして大江湿原とも。 さようなら~[もうやだ~(悲しい顔)]
 
→640×480                                                   →360×480

【13:50】 沼山峠バス停に到着。
結構人が居ました。 でもシーズンに比べれば全然少ないですね。
まだ食べてなかったおやつがあったのを思い出しました。 急いで食べます。 でりしゃす・すうぃーつ[ぴかぴか(新しい)]
ちょっとシェイクされてますが、味には影響ないと思われます。(笑)
 

下は 沼尻 → 長蔵小屋 → 沼山峠(バス停) までのルートログです。
*またしても測定開始忘れました。 途中で途切れています。 すみません。

→1168×821 (元画像)

【14:10】 バス発車[バス]
御池に向かう途中の車窓から。 日差しがタップリとブナ平を照らしていました。


御池へは、まだ明るいうちに戻って来れました。 駐車場[駐車場]には、結構車が止まっていました。
泊まりで入られた方々もいるのでしょうね。 夜に星が見えると良いのですが。
自分は何年も泊まりは無いです(~_~;)
  
→480×360

【14:45】 御池より出発。帰路に着きます。

↓スマホ撮り動画 0:45 *音声あり


そして、さようなら~。 尾瀬。
さようなら~。

長々とお読みくださりありがとうございました。<m(__)m>


あしあと(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あしあと 0

コメント 2

タコ正

3枚目の写真、魚ですか?
竿持って行かなくちゃ。(笑)

一昨年、私も尾瀬沼一周したので、この記事を見て思い出の風景がよみがえりました。
広い平原の尾瀬はすばらしい。

ひうちヶ岳の上は、青空も出たんですね。
青空はやっぱり気持ちいいですね~。
by タコ正 (2012-12-19 19:06) 

やす

>タコ正さん
 おはようございます。[__晴れ]
 3枚目は魚ですよ。 例の三本カラマツ近くの橋の上からです。
 クーラーBOXも必要ですね(笑)

 今回は雲が多目ながらも、時折陽射しがあって快適でした。
 なにより、静かな雰囲気を思う存分楽しめたので、その事が大きかったですね。

 余談ですが、実は尾瀬に向かう際に、R49号から尾瀬街道に入り、しばらく走った時でした。
 夜中だったので、時折夜行性[__猫]のものが道の脇にいたのは分かったのですが・・・。

 ある集落に差し掛かった時、引っ掛けてしまいました[__もうやだ~]
 尾瀬からの帰路、その場所には形跡は無かったので、その後森へ帰って行ったんだと
 思われます。
 何事も無く戻ってこれて、ホッとしていますが、それまでは気がきでなりませんでしたよ(~_~;)
by やす (2012-12-20 04:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。