So-net無料ブログ作成

2012.10.13 燧ケ岳 (後編) [尾瀬]

前編より

【PM12:15】 俎板嵓より下山開始

俎板嵓から下って、さらにナデックボを下り始めると、雲の下に出ました。
hidamariさんが手を振っていてくれるとの事ですが、肉眼では確認できませんでした。(笑)

丁度その時、雲間から降り注ぐ陽射しが尾瀬沼全体を照らしだして・・・ 手前は日陰なのに、そこだけ日差しが・・・。
沼尻湿原と休憩所がハッキリと確認できます。 運が良いのか悪いのか。
でも綺麗です。 今日のこれまでが幻想的な白い世界だったので、ここで一気に目が覚めたような感覚です。 
→800×600                                                   →480×640

【PM 1:26】ごろ 下りきって沼尻平に出ました。
 この寒さにもかかわらず、黄色い花ががんばって咲いていました。
 遠くに沼尻休憩所が見えてきました。 振り返れば、やっぱり燧ケ岳の上部は雲の中です。
  
                                           →480×640
【PM1:40】 沼尻休憩所着
 この、人がまばらにいる感じが良いですね。
 結構寒い思いをしたので、ここで何か温かい物でも、と思ったのですが、この時期はもう殆どのメニューが
 外されていました。 coffee,お汁粉と、まだありましたが、う~ん・・・。 やめときます。
 魔法瓶で持参したお茶とパンで今日のお昼は終了。

【PM1:50】 出発
 尾瀬沼周遊路に入ります。 (北岸コース)
 出発して気づいたのが人通りの少なさ。 たまにすれ違うくらいで、これくらい静かな尾瀬が好きです。
 木道も完全に乾いていて、その上を歩くのも気持ちイイです。
  
                                                                        →360×480
色づいた葉も "遠目"では綺麗~。
曇り、たま~に日が差します。 葉を撮っているときは曇っていて、木陰の中に入ると日が差します(笑)
  
                                →360×480

【PM 2:35】
江湿原に抜けました。、三本カラマツ。 側の橋の上から悠々と泳ぐ魚を眺めて。
 
→640×480                                      →480×360

長蔵小屋裏のビューポイントから燧ケ岳を。 しつこい雲がまとわりついたままでした。
撮影者の気持ちと同様、手前の色づいた葉も、どんより~~[バッド(下向き矢印)]
最後は三本カラマツも眺めて。
  
                                     →480×360

V.センターに寄って、その後はこの日今年最後の営業だという売店を。
人が居ませんでした。 ここは反面ちょっと寂しい・・・
 

【PM 3:10】ごろ
 一通り見終わって、一路沼山峠のバス停へ急ぎます。
 途中で見つけた黄葉。日が射すと綺麗です。 遠目ですし(笑)
  
                                                                        →480×640
【PM 3:50】 沼山峠バス停に到着
 休憩所はガラ~ンとしていました。 このあと、16:05発御池行きに乗りマス。 当然右側の席です♪
  
→640×480(現在地の部分拡大)                                         →360×480

【PM 4:30】ごろ 尾瀬御池着
 こんな時間に御池に戻ってきたのは久しぶりです。 ろくに着替えもせず、帰路に着きます。
 

このあと、桧枝岐の温泉に立寄って帰りましたが、日が落ちると途端に夜中に走っている感覚になります。
5時・6時になると、道路脇の灯りもほとんど無いところを走るので、もう真っ暗なのです。[がく~(落胆した顔)]

瞼が重くなって、こらえきれずに2~30分仮眠をとって、よしこれで大丈夫かと思って走って・・・。
でも数キロ走るとまた眠たくなってきて、の繰り返しです。 49号線に出るまで、何回仮眠をとった事か。[あせあせ(飛び散る汗)]

自宅に着いたのは、日付が変わってからでした。 あ~、登るより疲れました。

長々とお読みくださりありがとうございました。


あしあと(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あしあと 7

コメント 6

タコ正

尾瀬は、この季節、もう人は少なくなるんでしょうかね。
ひうち+尾瀬、お疲れ様でした。
尾瀬沼は晴れているのに、山の上は雲が掛かって残念でした。

>でも数キロ走るとまた眠たくなってきて、の繰り返しです。
あはは、私も釣りしている時に夜釣りの帰りに経験しています。
新潟東港から家へ到着するまで4時間もかかったことがあります。

やすさん、なんとか仕事の日までに帰れて良かったですね。(笑)
今後もお気をつけて・・・(^^♪


by タコ正 (2012-10-28 18:16) 

ネモフィラ

昔、尾瀬沼に初めて行った時も10月半ば頃でした。
それが病みつきになった様に思います。
ナデックボを一気に下って・・ 凄いですね。
それで温泉では泊らずに帰路に付かれたとは・・ さすがです。
ご無事で何よりでした。
私は高速での睡魔が一番怖いのです^^
by ネモフィラ (2012-10-28 21:36) 

やす

>タコ正さんへ
 実は27日も行ってきました~[ニコニコ]
 "尾瀬納め" でもないのですが、のんびりと尾瀬沼を周ってみたかったものですから。
 下は日が射したりするくらいの天候でも、上の方は雲[曇り]が絡まって見えない事が
 ありますね。
 
 この時は、行きも真っ暗、帰りも真っ暗でしたから、危険極まりなかったです。[ショック!]
 行きは夜中なので、夜行性のものがいろいろ横切りますし・・・。
 今回は、道端に『鹿』も居たんですよ。 目だけ光らせて。[目玉]
 横断中でなくて良かったです。(^^ゞ

 自分の場合は、だいたい御池までだと4時間半くらいかかります。
 なので、帰りは午後2時くらいに御池出発できれば、まだ良いのですが、
 この時は桧枝岐村を6時近くに出た物ですから、自宅まで倍近くかかったような
 気がします。 着いた時間もよく覚えてません(>_<)
 お心遣いありがとうございます。 実は27日の山行に・・・ちょっとありました。
 次回ブログに書きます(-_-;)
by やす (2012-10-29 03:55) 

やす

>ネモフィラさんへ
 そうでしたか。 今回は秋の尾瀬の良さを再認識しました。[チョキ]
 昨年は長英新道を下った事もありましたが、長くて楽しくないので使っていませんね。
 あとは、見晴しへ下るルートや、今は使えないみたいですが、温泉小屋へ直接下る
 ルートも使った事があります。
 が、いずれも長々なので、なるべくパスしたいところです。

 帰りにバスでご一緒した方の中で、たまたま新潟から来られたグループがいて、
 その方たちは桧枝岐泊[温泉マーク]のようでした。
 行きは横切るものに注意ですけど、帰りは帰りで、対向車が突然現れる場合も
 あるので神経使いましたよ~。[汗汗] 

 高速はそんな心配は要りませんが、変化が少ないので更に怖いですね。
 おととし、県内の山で左前が激しく破損した車の方に会いました。
 来る途中の高速道路で、眠気でガードレールに接触したのだそうです。
 お互い気をつけましょうね。[汗]
by やす (2012-10-29 03:59) 

美美

今更ですが、ここに気が付きました(^^;
尾瀬一度行ってみたいところですが
ワン子連れはちょっと難しいですね~
by 美美 (2012-11-20 07:31) 

やす

>美美さんへ
 おはようございます。[晴れ] わざわざありがとうございます~。
 尾瀬はペット同伴は禁止されているようですね。[しょぼ~ん]
 *他の国立公園でもあるようですが
 普段行動を共にしているだけに、そこはダメですよと言われると
 なんだか、余計残念に思われるかもしれません。

 以前、家にも居たので一緒に出かけるのはとても楽しかった事を思い出しました。
 今後もお邪魔させてくださいね。 
by やす (2012-11-21 03:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。